弁護士選びのポイント

日本には弁護士が30,000人以上いますが、個々の弁護士には得意な分野や不得意な分野があります。離婚問題に強い弁護士、相続問題に強い弁護士、交通事故に強い弁護士などさまざまで、債務整理に強いまたは弱い弁護士もいるわけです。そのため、借金問題を解決するために債務整理を希望するのであれば、債務整理を得意としている弁護士に依頼することが大切です。また、債務整理はたとえば自己破産の場合、早くても3ヶ月ほど、長ければ半年ほどの期間を要します。その間、何度も弁護士との打ち合わせを行なう形になるため、自分が接しやすいと感じる人であることも、弁護士選びのポイントの一つといえるでしょう。

ほかには、過去に問題を起こしていないか調べることも、よい弁護士選びのためには必要です。インターネットで弁護士懲戒情報を確認することが可能なため、よさそうな弁護士が見つかったときには処分を受けていないか念のため確認してみることをおすすめします。

なお、法テラスや弁護士会で弁護士の紹介を受けることは可能ですが、必ずしも債務整理を得意としている弁護士が紹介されるわけではありません。債務整理に強い弁護士が紹介されるかどうかは運次第です。法テラスや弁護士会の紹介であれば信頼できると思うのではなく、自分で事務所を比較して依頼する弁護士を決めることをおすすめします。