弁護士に相談するメリット

借金の返済で苦しい思いをしているときに、弁護士にそのことを相談するメリットの一つは、解決に向けて一歩を踏み出せるということです。借金の返済が滞っている状態で、自分だけでどうしよう、どうしようと思い悩んでいるだけでは、請求が止まることはありませんし、利息が発生して借金が膨れ上がっていってしまうだけです。また、借金の返済ができずにほうっておいてしまうと、強制執行といって、給料など財産の差し押さえをされてしまうことにもなりかねません。

実際に返済が滞ってしまい、自分ではどうすることもできない場合には、上記のような憂き目に遭ってしまう前に弁護士に相談しましょう。債務整理が必要な状態であれば、どの方法を選択するのが最適なのかを提案してくれます。正式に依頼をすれば、債務整理手続きのために必要なすべての業務を行なってくれます。

そのほか、弁護士に正式に依頼すると、債権者に受任通知が送付されて、請求がストップします。これだけでも楽になりますが、債務整理の手続きが確定するまでは、返済を行なう必要がなくなります(民事再生の場合、住宅ローンの返済は続ける必要があります)。さらに手続きが確定したあとには、返済の全額免除、大幅減額というように、債務整理の種類に応じた効力が発生します。

関連サイト『弁護士法人アディーレ法律事務所』