司法書士との違い

債務整理の相談は絶対に弁護士にしなくてはいけないのか、司法書士でも同じメリットがあるのではないかと思う人もいるでしょう。今後、債務整理に向けて動くということであれば、弁護士の力を借りることをおすすめします。というのも、司法書士にはできないことがあるためです。それを踏まえたうえで、依頼の費用が割安であることに魅力を感じ、選択するのであれば止めはしませんが、弁護士との違いを理解しておくことは、後悔しないためには大切です。

とくに弁護士に依頼したほうがいいのは、借金が140万円を超えるケースです。この場合、司法書士には代理権がありません。債務整理では裁判所に申立てをしなければいけません。債務整理に関するアドバイスや、手続きのための書類作成は司法書士が行なってくれますが、裁判所との煩雑なやりとりは全部、依頼者が自分でこなす必要があります。弁護士は司法書士にできないことを含め、すべての業務を担当することが可能です。

なお、司法書士も任意整理であれば、個別の借金が140万円以下の場合のみ、手続きが可能です。自分の借金の額や、選択する債務整理の方法によっては、司法書士でも弁護士に依頼する場合と同様の恩恵を受けることができる場合もあります。